【Snow&Surf Diving】WorldTraveler

北海道などスキー場巡り/ 目指せ世界一周ダイビング

ドライブレコーダー車載してみた。

ドライブレコーダーとは・・・自動車事故記録用 車載カメラ。
ウチのは事故前 10秒、衝突後 5秒の映像を記録する。
TVで、タクシーに取付け 事故の早期解決に役立ってると
紹介されてから欲しいと思ったのは、私の20年前の事故経験から。

買ったのは、マルハマのロードビュー EX DR-964RV
型落処分品で、9,800円 ヤフオク価格.comで調べて安値を確認。


さて、私の事故はこんな感じでした。
優先道路を走っていて、見通しの悪い路地 左から出て来た車と衝突!
損害額は、こちらが15万円。相手は軽自動車だった事もあり、
更にガードレールに飛ばされ衝突し、全損になってしまいました。

幸い怪我も無く、相手が謝罪したので即解決すると思いました。


問題はここから。
相手の保険会社が持ってきた示談書、過失割合 相手:60%×私:40%
これは納得いきません。
相手の保険会社は大手の「○○海上」、こちらは格安自動車保険の「共済系」
圧倒的にマンパワーの差があり、私が○○海上のプロと交渉せざるおえません。
当時20歳 未熟な私、必死でしたので、言い過ぎた面もあったのですが
○○海上の担当者は、私に「お前に 1円も払わねぇぞ!」脅されました。
お互い平常心に戻り、○○海上が、再度 持ってきた示談書
相手の過失90%。私 10%。勝ち取りましたが2ヶ月は時間を無駄に・・・
 

もし信号がある交差点で衝突、信号無視の相手が「青だった!」
言い切られたら・・・示談まで相当な時間を浪費し
理不尽な結果で終わると思います。


人はウソをつく = ドライブレコーダーは事実を記録してくれる。


さっそく「ドライブレコーダー」使ってみました。
記録するトリガーは、衝撃波と手動で10回まで記録し11回目は上書きされる。

日中はかなりキレイに写ってますが、夜間は画質が落ちますが、
信号の色は、はっきり記録されていました。


付属の専用ソフトが必要ですが、パソコンにインストールせずに
フラッシュメモリーにコピーすれば、そこで動きました。

保険的な出費ですが、心強いパートナーになりそうな「ドライブレコーダー