【Snow&Surf Diving】WorldTraveler

北海道などスキー場巡り/ 目指せ世界一周ダイビング

世界のハブ空港(チャンギ空港)

10/22 成田空港B滑走路 2,500m化!・・・さくらの山と丘 
これで従来の、4,000m滑走路と2本とも、大型ジャンボ機の離着陸が可能。


さて、ハブ空港の成功例と言えば
世界一のサービスと設備、シンガポール航空のハブ、チャンギ空港
チャンギ空港は凄い!こちら


何度も利用する機会に恵まれたので、成田と比較してみたいと思います。
シンガポールは小国で、国内の航空利用者の需要は少ないです。
また国内線はありませんで、チャンギ空港は国際線のみの空港です。


成田と同じ長さ、4,000m滑走路、それが2本、平行にあります。

私が最後に使った時、ターミナルは2つでしたが、去年ターミナル3が完成
シンガポール航空は、主にターミナル3を使っているようです。


ターミナルは増やしても、主要滑走路は2本のまま。現在の需給では十分なのでしょうか?
ただし、需給に応じて土地は確保住み。増強工事は日本と比べようがないほど早いと思います。


ターミナル間は、スカイトレインで結ばれ移動が可能です。


日本からは、JALとNWAは「ターミナル1」、ANAは「ターミナル2」
SIAとUALが「ターミナル3」


2006年には、バジェット・ターミナルという 設備を簡素化した
格安航空会社向けにターミナルも設備し利用料を安くしている。


チャンギ航空は、シンガポール航空利用なら非常に快適に作られてます。
例えば、同じスターアライアンスのANA、成田とシンガポール単純往復は別として
トランジットの場合、ターミナル間の移動は、非常に不便だった体験が・・・
それは、自国のシンガポール航空を中心に考えるのは当然だと思いますね。


さて、空港からダウンタウン間の交通ですが、MRTの乗り方はこちら

MRT地下鉄(2002年に空港-ダウンタウン間 開通)でシティホール駅まで30分くらい。
一方、成田は新高速鉄道が完成すれば、都心直近、日暮里〜成田空港は36分。

大きな地図で見る
チャンギ空港、羽田・成田との違いは立地が良い。24時間離着陸に制限的問題がない点。