【Snow&Surf Diving】WorldTraveler

北海道などスキー場巡り/ 目指せ世界一周ダイビング

マイルも増えるが被爆量も増える

原子力発電所の事故から、放射線量が
気になる人も多いと思いますが
自然界、医療、日常生活で受ける放射線もありますね。
東北電力さんのhpから「日常で受ける放射線」を参考
レントゲン1回で=600mSv、CT SCAN 1回で = 6900mSv
職場の検診、人間ドック、そんでCTを2回も撮れば、凄い被爆量・・・


さて良く利用する飛行機。東京からニューヨーク往復でけっこうな被爆量
200mSv・・・長距離便旅行は、マイルも貯まるが被爆量も貯まるという感じ。


国際線の長距離便、より高度が高いとこを飛ぶ為、宇宙からのガンマ線の影響を受ける訳ですが
今回は、国内線「東京から沖縄便」エステー放射線測定器「エアカウンター」で計測してみた。

千葉の家、0.05μSv/h以下。羽田空港まで高くても 0.1μSv/hくらい
さて飛行機に乗り込んで離陸〜シートベルトサインが消灯し測定器のスイッチオン!
見る見るうちに計測値が上昇し、神奈川県内上空で0.68μSv/hを超えました。

線量が高めの福島県郡山駅前で、0.416μSv/hでしたから既にこれより高い値が。

 (2011年12月撮影:郡山駅前)
飛行機は更に高度を上げ、関西エリアに入った頃は、1.4μSv/h以上を記録。

たしかに飛行機旅行、高めの放射線環境に身を置いているのが解りました。

私は今後も飛行機は乗りますけど、放射線量が気になる方は注意してみます?