【Snow&Surf Diving】WorldTraveler

北海道などスキー場巡り/ 目指せ世界一周ダイビング

若者に嫌われるNHKに未来はない

地デジ化の時、業者の勧めで、パラボラ付アンテナに交換したのですが
工事の翌日NHKが来て、地上契約から、BS契約に変更させられた。
しかし、なぜNHKがすぐ来たのだろう。工事業者からNHKに情報が洩れた?
年金生活の父にとっちゃ高額なBS受信料。
4,580円/2ヶ月・25,520円/年。NHK好き父親も唖然でした。

NHK 公共放送と言い契約を迫るなら、
番組はニュースや国会中継のみ。シンプルにして、全ての人が
負担を感じない料金にすべきじゃないかな。たとえば月 500円とか。


※教訓:衛星放送を見ないならパラボラアンテナはダメ!「NHK即、来ます」
この話を職場でしたのですが、朝からNHKバッシングネタで超盛上がる(笑)
年配者はNHK好きが多く、合意のもと契約してる人が多いようですが、
30、40歳代で共働き夫婦など、帰宅が遅く家庭でテレビを見る時間がない。
20歳代、テレビやパソコンより、スマホで遊んでる人たちです。


職場仲間のNHK契約率が高いだけに、NHKに不満を持ってる人も多く、
その原因は契約した経緯もあるようだ。
「ストーカーのように訪問してくるNHKの集金人に2度と会いたくないから」
合意契約とは程遠い 「契約を強要された。」と感じている若い人が殆ど。


若い人に「TVがあるだけで見ないNHKと契約しなければならない?」と聞かれたので
放送法に受信設備を設置したら契約しなきゃいけないと書いてある」と答えた。


しかし契約とは「自由な意思で、双方の合意のもと結ばれるもの」ですよね。
NHKは昔の古い法律をたてに、本当に見ないという人にも強要するのは横暴ではない?
放送法に書かれてる事も時代に合ってない感じで、納得せずに契約してる人が多い。


したがって職場の若い世代はNHKNHKの集金人が嫌いな人が多い感じです。
NHK大好き年配世代から、NHK嫌い世代へ交代するのは時間の問題。
嫌だという人に契約を迫るNHKに未来はあるのでしょうかね?