【Snow&Surf Diving】WorldTraveler

北海道などスキー場巡り/ 目指せ世界一周ダイビング

[スノーボード] [北海道]コース外は滑走禁止の実態

誰も滑っていないパウダー新雪を滑る浮遊感は最高

深雪滑走はコツも必要だけど滑れるようになれば、このうえなく楽しい。
時に豪快に転倒し板が外れて紛失!へんなとこに降りちゃって登るのに苦労したり
最悪、木に激突して骨折したり命を落す人もいて、事故はスキー場のイメージダウンにも。
しかし林の中、不規則に並ぶ木をすり抜けるスリルは楽しい訳。
たいてい「コース外滑走禁止」とかロープが張ってあるけど
オーストラリア人スキーヤースノーボーダーは場外のオフピステに飛び出していきます。

圧雪ポールバーンでスラローム、コブ斜面でモーグル、パークで遊ぶオーストラリア人は不在
最近のスキーヤー・ボーダーのニーズは用意されたコースより「自然」パウダー林間滑走。


「コース外滑走はリフト券を没収」と厳しい事を言うスキー場もありますが
外国からのスキー客は、時間もお金もある富裕層、長期滞在しお金もたくさん使ってくれる
スキー場にとって大切なお客様。厳しい対応をとる訳にはいかないでしょう。
ここ数年、北海道の有名なスキー場を巡って、外国人客がいなくなったら寂しいものです。


実際、スキー場管理区域外は国有林だったり、スキー場の対応も難しいようで
頑なに規則を守る日本のスキーヤーは「コース外滑走ふざけるな!」と思う方も。
新しいルール作りが必要な感じがしますね。


ニセコなんかはオフピステを解放し、外国人観光客に大人気でリピーターが多く
そんなスキー場も少しずつ増えてる感じです。
ルスツのウエストマウンテン、今年はキロロもパウダーゾーンが拡大し楽しみました。
トマムは誓約書にサインしヘルメット着用、ビブをつけて滑走できましたし
マウントレースイも規模は小さいもののネイチャーゾーンがあり
サホロの規則は解らないけど、私が行った時は大雪で全てが深雪パウダーゾーン(笑)

コース外、厳しくロープを張るスキー場も、レンタルコーナーには太いオフピステ用の板が並び
「あれ?この板でどこ滑走するんですか?」思ってしまいました(笑)。日本のスキー場ルールは曖昧。


・2013/2/13-15 AIR DO富良野プリンス (北海道)
・2013/2/7 JR SKISKIネット限定GALA湯沢・自由席 6,900円 (新潟)
・2013/2/2-2/3 JR SKIナクア白神スキーリゾート(青森)旧 鯵ヶ沢プリンスホテル
・2013/1/28-29 JAL夕張マウントレースイ(北海道)
・2013/1/24 JR SKI 舞子リゾートスキー場(新潟・南魚沼市)
・2013/1/16-18 ANA ルスツ リゾートスキー場(北海道)
・2013/1/9 JR SKI朝イチGALA湯沢 ファーストトラック(新潟)
・2013/1/5 JR SKI千葉から特急あずさ直行便、富士見パノラマリゾート(長野)
・2012/12/26 JR SKI 新幹線で行く激安6,900円ガーラ湯沢(新潟)
・2012/12/19-21 JAL キロロリゾート パウダーゾーン(北海道)
・2012/12/13 JR SKI初滑り2回目!かぐら みつまた田代スキー場(新潟)
・2012/12/4 JR SKI初滑り、かぐら みつまたスキー場(新潟)8,800円


湾岸スキーヤー北海道・東日本(東北・上信越・関東)スキー場 滑走レポート
http://www.yuki7.com/skitop/index.htm 今シーズン滑走20日目!