【Snow&Surf Diving】WorldTraveler

北海道などスキー場巡り/ 目指せ世界一周ダイビング

潜れない身体になってしまった

ダイバー仲間で「潜れない身体になっちゃうぞ!」なんて
冗談で言う事がありましたが、まさか自分がそんな危機に陥るとは。
ダイビングを始めて30年、突然のサイナススクイーズ発症には参った。
今まで頭蓋骨の空洞なんて意識した事なかったのに、針で刺される痛みが。
毎日のように「何がいけなかったのか」反省しても答えは見つからず
鼻中隔湾曲の矯正手術をし、ダイバーの耳鼻科を訪ねても、悪いところは見つからず。
大学病院の教授は「ダイビングはもうやめなさい」と。
ダイバー耳鼻科は「ナファゾリン系の点鼻薬で騙し騙し潜れ」と。←いいのか?


原因も因果関係も不明なのだが、
サイナススクイーズを起こし始めた日は覚えている。2009年のシパダン島で。

 (セイコーダイバーと減圧表)
そもそも30年前、ダイバーズウオッチと減圧表を見て、安全側に考えて潜れば
午前中に1本、午後に1本の1日2ダイブ。これが基本で潜ってた私。

 (ダイビングコンピュータ 通称:ダイコン)
そして数年ダイビングを休んで始めたらダイコンが普及していて
1日3ダイブ、午前中に2本もぐって、午後に1本とかが基本になっていた。
深く潜っても「DECO」出さないように潜りましょう。って感じ
ダイビングツアーも無制限ダイビングなんていうのが出てきた。


最初にサイナスに異常が出たのは、シパダン3日目、9本目に潜ったシアミル島
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/takechin/sipadan/kapalai2009/sipadan4/diving.htm
前日のダイビングは午前中シパダンに4本潜り、夕方ハウスリーフでセルフダイビングをした。

http://www.fan.hi-ho.ne.jp/takechin/sipadan/kapalai2009/sipadan3/diving.htm
なんで無茶なスケジュールになったかと言えば・・・
かつてコテージが乱立しダイバー天国だったシパダンは、自然保護のため入島制限がある。
このため「せっかくのチャンス、シパダンに潜れるだけダイビングしよう」と。
早朝からとは言え、午前中に4本も潜ったのはこの日が初めてだった。


この日をきっかけに、潜れば高確率でサイナススクイーズを発症するように。
ボートから最初に飛び込んで、皆が潜行してくる前にサイナスの痛みに涙を流しながら
潜行していたが、こんなんでは流れが強い海で通用する訳はなく
悲しいかな、そろそろ潜水生活も終わりになろうとしている。
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/takechin/ 海の旅ダイビング水中写真旅日記