【Snow&Surf Diving】WorldTraveler

北海道などスキー場巡り/ 目指せ世界一周ダイビング

頑張れ!JR北海道

トンネル火災事故、脱線、不祥事とJR北海道がヤバイですね。
TVでは「独占企業で競争がない」とか言ってるけど、北の豪雪寒冷地だよ。


JR北海道って民間企業で経営するには気の毒。鉄道を維持するのは大変なんだと
冬の北海道に行く度に考えさせられます。絶対無理があるって。

 (雪のトマム駅にて。スーパーおおぞらFURICO キハ283系。)
北海道の長距離列車、電車は採算とれず、冬は架線が凍結、積雪で集電困難とか。
そこで軽油を満載して走るディーゼル特急となるわけ。


火災を起こした FURICO キハ283系スーパーおおぞら」実は凄い技術ですよ。


オートバイのライダーが峠のコーナーを攻めるように
コンピューター制御で曲線にあわせ、汽車の車体を傾斜させカーブを曲がる。
だから130km/h、曲線では85km/hの高速度で走る事が可能。


130kmってJR東日本の「NE'X 成田エクスプレス」と同じ高速度。
これは踏切が殆どなく直線複線高架を走る。気象も1年を通して安定しているが


一方「スーパーおおぞら」は単線、防護柵のない頼りない線路は大型動物と衝突事故が多い
あまりにも「NE'X」とは走行条件が違う。自然環境がハードだよね。
安全は運転士さんの腕に掛かり、大雪で夜間の走行とか前が見えないしさぞ疲れるだろな。
運転台が高所に設置されてるのは、衝突時に乗務員の命を守るためなんですね。


北海道はお金が掛かる土地なんだろね。冬、寒さと積雪。
道路は日に何度も除雪され、夜の峠道も大型バスはスピード出して走れるって
凄いなと東京の人間として思いますけど。

道路は国なり北海道で、税金を使って除雪するんだろうけど


JR北海道、乗客も列車も少ないけど、広大な大地は線路の距離がやたら長い。


冬は線路が見えなくなる程、雪が降るマイナス20℃を下回る世界
線路に触ったら凍傷になり、冬季の点検管理、修繕は無理っぽいよね。
ラッセルで除雪するのが精一杯だろうと察しがつく。


私が乗った日は小雪。地元の人に聞くと「いつも遅れるスーパーおおぞら」と。
更に駅間で鹿と衝突緊急停止。単線区間で遅れが発生すると恐いよね
乗務員も気を使う事が多くなり焦るだろう。信楽高原鉄道列車衝突事故を思い出す。


関東で言えば、JR東日本や東海と同じクオリティを求めるのは、とても可愛そうだよね。

 (雪の夕張駅に止まる気動車。めっちゃ情緒があります。)
でも、美しい自然、北海道の大地を走る列車の旅、風景は素晴らしい。
採算を取るのは至難だろうけど、頑張って続けて欲しいですね。JR北海道