【Snow&Surf Diving】WorldTraveler

北海道などスキー場巡り/ 目指せ世界一周ダイビング

激安5,500円!源泉掛流し温泉ツアーレポ 「おおるり草津」その2

激安源泉掛流しツアーレポ 「おおるり草津温泉」の続き、その2です。
千葉NTT前を8時10分に出発した「ゆけむり号」は湾岸から東北道へ向かいます。

大型バスの眺めは最高!スカイツリーです。車高が低い車では見えない光景(笑)


今日の「ゆけむり号」の中継地は、東北道 佐野SA。
そうです!おおるり「ゆけむり号」の特徴は、途中で乗り換える。
乗換え中継地は客の需要によって、関越道のSAだったり、毎日変わるようです。
客数により、きめ細かいバスの運行管理がされているようです。


佐野SAには、首都圏各地(千葉・横浜・東京・松戸)を出発した「ゆけむり号」が集結!

ここで各地から集めた客を、方面別に振り分け乗換えさせる訳。
おおるりグループの、こまどり交通バスの柄は薄いブルーライン、全て同じです。

客が少ない区間はマイクロバスになっちゃう場合も。


千葉から乗ってきたバスは、各地から集まった那須塩原に行く人を乗せて発車
私は松戸から来たバスに乗換えました。このバスが草津方面に行く車になる訳。
とても効率が良く送客でき、薄利多売の源です。これは考えましたね「おおるり」さん。

佐野SAで乗換えた草津温泉方面バスも満席です(笑) 草津に3つの宿をもつ「おおるり」
このあとバスは渋川伊香保ICを降り、本日2つ目の中継地 「ドライブイン田吾作」へ


おおるりの草津方面バスツアー、たびたび「田吾作」をいう名称が出てきます。
ここにも多方面からの「ゆけむりバス」が集まってきます。
おおるりグループが経営するドライブインで、休憩や昼食が出来ます。

田吾作では、おおるり自慢の饅頭が無料でもらえます。これ、美味しいかも。


田吾作でランチを強要される事もなく、早く草津に行きたい人はどうぞ!という感じ。
ドライブイン田吾作から草津温泉まで80分、ここからは自由席、バスはピストン輸送です。

リピーターは第1便のマイクロで、私は第2便の大型バス。本日3台目のバスです(笑)

しかし今時の平日、この賑わいってないでしょ(笑) パッと見、200人〜おおるり草津3つの宿へ
「おおるり」の集客力はバスの、地元出発、無駄がない運行システムによるものと推定!

宿泊する「ニュー紅葉」には14時過ぎに到着し、すぐ部屋に入れました。
草津は観光地なので湯畑を散歩するもよし、早速温泉に入るもよし、

田吾作で休んでいるより、早く草津まで行っちゃう方が良いかも。
続く・・・・