【Snow&Surf Diving】WorldTraveler

北海道などスキー場巡り/ 目指せ世界一周ダイビング

マジで怖い!スキースノボの接触事故と損害賠償。

スキー場は冬のお気軽レジャー的な遊び場と思いきや、
対人接触事故をけっこう見ます。
高速でぶつかれば死亡や後遺症が出るような怪我に。
自分でも事故を見て、パトロールを呼んだり、
スノーモービルや、ストレッチャーの手配をしたり、
「明日は我が身?」とても心配になりますね。
f:id:uminotabi7:20150315193650j:plain
実際、他人様と衝突し怪我をしたら健康保険は使えないから、
高額な治療費は自己負担になります。
そこで私は傷害保険の特約「個人賠償責任保険」に加入。
自分が加害者になった時の保険ですが、十分な保障を受けられるのか?
保険の示談交渉担当者に聞いてところ、安心は出来ないと思いました。
というのはスキー場の対人事故も、自動車事故にように「過失相殺」する。
保険会社は被害者の過失も追及するから、解決には難航が予想される。

スノーヤー的ルールからして、上から滑ってきた人に過失があると思いきや、
コース上で止まっていたり、グラトリに失敗して転倒し追突された場合など、
被害者の過失も追及され、思ったほど保険金がおりないな。と感じました。
保険会社の見解は、スキー場の対人事故で、
被害者と加害者の過失割合が「10対0」になる事故ケースは、
スキー場で止まってて良い場所、それはリフト乗り場のみ。
そこで並んでいて、滑走者に突っ込まれた場合くらいと。言ってました。


スキー場って、実は危険がいっぱい! - 【Snow&Surf Diving】WorldTraveler
そしてスキー場の事故が自動車事故より怖いと思ったのは、
・保険に入っていない人が多い。
・警察を呼んで現場検証がされない。
・道交法のようなルールがスキー場にはない。
・加害者に当て逃げされるケースが多い。
スキー場で安心して滑るには保険に加入する。
・被害者様への保険そして自分の傷害保険。絶対必要ですね。