【Snow&Surf Diving】WorldTraveler

北海道などスキー場巡り/ 目指せ世界一周ダイビング

ビルトインA601クリンスイ水漏れ修理困難→完了!

クリンスイA601ビルトイン浄水器を使っているが
17年も経つと先端から水が漏れるようになった。
f:id:uminotabi7:20150417115259j:plain
メーカーに出張修理を依頼すると1万数千円
スピンドルという部品を送ってもらい自分で交換しても4千円。
数百円で買えるゴムパッキンやOリング交換で済まないのね・・・。
そこで我に帰りネットで検索。
クリンスイA601は発売から20年も販売を続けるヒットモデル
水漏れトラブルを書かれているブロガーさんが多数!
純正部品に対応するものがKAKUDAIの「070-001クオーター上部」らしい。
この商品 amazonカクダイ クォーター上部(R) 070-001

カクダイ クォーター上部」には(R)、(L)の2種類製品があるが
クリンスイ601ノズルは時計回り(右)で水が出る為((R)左止水)を買えば良いようだ。

f:id:uminotabi7:20150417115328j:plain
さっそくamazonで購入。約1,200円、安っ!
f:id:uminotabi7:20150417115527j:plain
みなさん苦労されてるスピンドル外し、300mmモンキーなら楽勝!
古いスピンドルと新品、どうみても同じ商品だよね。
f:id:uminotabi7:20150417120208j:plain
さて、新品のスピンドルを取り付け!「あれ?入らない!」
f:id:uminotabi7:20150417120345j:plain
マイクロメーターで径を計ったら0.1mm新品が太い!
kakudai 070-001クオーター上部 18.61mm
f:id:uminotabi7:20150417120853j:plain
家のクリンスイA601スピンドル 18.51mm
f:id:uminotabi7:20150417120920j:plain
多くのクリンスイブロガーが互換性アリ!としてるのに。
三菱レイヨンに電話するも「ネット情報を信用するなんて!
カクダイに聞いて!」と冷たい回答・・・
カクダイさんに電話するもクリンスイの事は当然解らない。
f:id:uminotabi7:20150421202119j:plain
もう一度、三菱レイヨンさんに電話し上記の経緯を伝え
純正のA601用スピンドル「A20-3」なら絶対に合うとの事。
「こうなりゃ4千円でも直れば安いものだね」
さっそく「ゆうぱっく」で届きました。
f:id:uminotabi7:20150421200705j:plain
純正品はスピンドルにネジとキャップが添付されていました。
さて・・・「やはり入らないじゃん!」
結論、KAKUDAI「070-001」と純正「A601スピンドルA20-3」は
製品番号からして同じもの
でした。
家のクリンスイが特異製品なのか?修理困難。
その後・・・・・・・・・
三菱レイヨンさんに再度相談。製品の0.1mm違いは誤差範囲との事。
固いけどウォータープライヤーで力を入れ回して入りました。
次回の交換時に外れるのか?ってくらい入れるの固かったんだけど
「また15年後?その時はその時」。
無事にスピンドル交換し水漏れ修理完了!もう一度、製品情報を。
KAKUDAI「070-001」と純正「A601スピンドルA20-3」は同じ部品でした。
この商品 amazonカクダイ クォーター上部(R) 070-001

yuki7.hateblo.jp