【Snow&Surf Diving】WorldTraveler

北海道などスキー場巡り/ 目指せ世界一周ダイビング

Hawaii戦争の歴史ココヘッド ケーブルカー跡を探索

そもそもココヘッドの廃線路の歴史は、

第二次世界大戦の時、山頂の通信基地まで

行き来するために造られたケーブルカー。

ココヘッド山頂にもPill Box(トーチカ)があり、

戦時中は兵士が入って、

日本軍のゼロ戦を見張ってたのでしょうか?

f:id:uminotabi7:20170606062733j:plain

廃線の終点、山頂付近の風景

f:id:uminotabi7:20170606062831j:plain

麓からココヘッド山頂まで送電は架空電線、

山頂付近に地上変台やケーブルヘッドがあります。

f:id:uminotabi7:20170606062900j:plain

ケーブルは既に切断されていますが、

ケーブルが行き来してた頃の

ココヘッドを見てみたくなりました。

f:id:uminotabi7:20170606063019j:plain

地上変台にはコンデンサのような部品。

f:id:uminotabi7:20170606063109j:plain

銘板はMADE IN USA アメリカ全盛期ですね。

f:id:uminotabi7:20170606063143j:plain

終点から別の線路でさらに上に。

線路を走っていたであろう

台車がまだしっかり残っています。

f:id:uminotabi7:20170606063245j:plain

ココヘッドケーブルカーの電動機、

抵抗器やブレーキのような物があります。

f:id:uminotabi7:20170606063441j:plain

これはなんだ!ケーブルが管路に入って

f:id:uminotabi7:20170606063605j:plain

真っ暗でライトがないので探検を断念。

この先にはバッテリー室とか?

それにしては長いトンネルになっている。

f:id:uminotabi7:20170606063655j:plain

現在はマッチョなアメリカ人のトレラン ポイントに

なっているココヘッド トレイルですが、

ケーブルカーの部品を探索し

戦時中に思いを寄せてみました。