【Snow&Surf Diving】WorldTraveler

北海道などスキー場巡り/ 目指せ世界一周ダイビング

フローリングのワックス剥がしは簡単!?

汚れたフローリングのワックスを剥がし、

allワックスを床にかけ直そうと、

リンレイワックスはがし上手」を買った。

スポンジ添付で、すぐ旧WAXを剥がせそう。

f:id:uminotabi7:20190429111250j:plain

商品のラベルには、

「塗り重ねて古くなったワックスもきれいに落とせます!」

 スポンジで拭けば床がきれいになる様子がうかがえます。

f:id:uminotabi7:20190429111947j:plain

家はフローリングにリンレイオールというワックスを

何層にも塗り重ねておりピッタリな商品。の予感。

リンレイ ワックスはがし上手 500ml

リンレイ ワックスはがし上手 500ml

 

 作業手順は簡単!・・・?

f:id:uminotabi7:20190429105614j:plain

1.ワックスはがし上手を付属のスポンジにつける

2.フローリングに塗る

3.1~2分間放置し古いワックスが浮くのを待つ

4.付属のスポンジでこすり落とす

5.水ぶきで洗剤を拭き取り乾燥させ完了!・・?

 

そんな簡単にワックスが剥がれるのか?

という懸念は持っていたのだが、

案の定、作業番号4で「大変な作業を始めてしまった」と。

付属のスポンジで浮いたワックスのカスをこすり落とすのだが、

すぐにスポンジの目がつまり無理! 脱力感・・。

 

次にプラスチック定規で剥がす事にした。

これはスポンジより断然に効率が良いが、

定規の端の角が摩耗し丸くなりスグに効果が減。

3畳間ほどのキッチン床のワックス塗り替えでさえ、

どんだけ手間暇がかかるのかと気が遠くなる・・・

 

そこでamazonでカーボンスクレーパーを発注!

定規などプラスチックのヘラより丈夫で、

金属のヘラと違い床に傷がつかないから、

現状では最適なアイテムになりそう。

f:id:uminotabi7:20190429112404j:plain

 買ったスクレーパー(はがしヘラ)は、

フローリングの幅に合わせた65mmヘラ

INOUE カーボンはがしヘラ 65mm 17042

INOUE カーボンはがしヘラ 65mm 17042

 

 小さめの40mmヘラを複数個購入 

INOUE カーボンはがしヘラ 40mm 17041

INOUE カーボンはがしヘラ 40mm 17041

 

 剥がしている!という実感があるし、

ワックスはがしには最良な感じです。

f:id:uminotabi7:20190429113433j:plain

しかし何度も作業工程を繰り返さなければ、

床のリンレイオールwaxを全て剥がすのは困難。

 

反省点:一度に広い範囲の床に剥がし剤を塗ってはいけない

    (剥がれ浮いたワックスが乾き汚くなってしまう)

 

もう後戻りは出来ないので、ごく狭い範囲の床を、

毎日少しづつ、地道に作業していこうと思います。

  

結論:床のワックス剥がし塗り替え作業は大変!

    

カーボン製のスクレーパー(はがしへら)と

多量の使い捨てウエス(ぼろきれ)の準備もおススメです。